優秀照明施設賞ー東京ジャーミィと文化センター

オスマントルコの建築美を伝える

本格モスク。

 トルコ東京モスク新築工事

〈トルコ東京モスク〉は、トルコ人建築家ヒルミ・シェナルプ氏の基本設計による。伝統的なオスマントルコ様式に則ったイスラム教寺院。国内最大級の本格的モスクで、大小15のドーム空間を持つ本体と地上41mのミナレット(尖塔)からなる。照明計画では、外壁やドーム両面、ミナレットをライトアップして建物の特徴を際立たせるようにし、かつ、周辺の住宅地域に光害が生じないよう照明計画の取付位置、照射方向にも配慮した。外壁は歩道に面して出幅が取れないため、侠角型視光器で上部を照らして均一な明るさを確保。ドームは周面の壁面は柱に光を当てることで複雑な形状を浮かび上がらせている。ミナレットは塔の上部と下部をライトアップし、特にバルコニー下部の  を美しく照らし上げている。このモスクは一般公開を行っていることもあり、渋谷の新しいランドマークとして注目されている。

 引用「光景」Lithing Selection 2000

Hassa Mimarlık Tokyo Camii Aydınlatma ÖdülüTokyo Camii Mosque